hazuki73のblog

離婚問題を抱えている女友達からの相談を受けて、自分なりに男目線で思うところを綴っていこうかと思います。 とりあえずコメントも受け付けるけど・・・荒れたり、面倒なことになったら止めます。批判も受けますが、やり合うつもりは無いのであしからず^^;

協議離婚について

自分も協議離婚したので経験とか思うところを書いてみようと・・・って

自分の場合から・・・

子供が居なかったことから決めることは少なくて全面的に自分が悪かったので結構あっさり

1.慰謝料について
本来なら浮気・不倫の場合は夫ではなく浮気相手に対する損賠賠償ということで請求するようで・・・
でも実際はそんなことは男として出来ないでしょうから夫が払うでしょう。
これ揉めたら協議離婚は出来ないでしょうねぇ
自分は大丈夫というか色々で・・・
浮気相手の地位や支払能力も関係するみたい。
一般的には相場というものがあります。だいたい100万~300万くらいのようです。
自分の場合は男らしくMAXで!男らしくないか(T_T)


2.財産分与について
財産があると面倒でしょうねぇ~家や保険も入るかな・・・
自分の場合は慰謝料MAX払うから財産(家)のことは無しにして欲しいと
ただ保険の解約金と引っ越し代は払ったなぁ
これ以上要求するのであれば弁護士立てることも話しました。
こっちだって限界あるしね。
自分の場合はここまでだったかな・・・
でこれを公証役場で公正証書?を作成してもらいました。
公正証書を作成は絶対に大事。
妻側からすると慰謝料の支払いが滞たら、夫の財産を差し押さえたり給与を押さえたりも出来るので、ちゃんと払ってもらえるじゃ夫は?となると例えば慰謝料をちゃんと払っていれば追加で金銭要求されないように証書に記載されているので守られます。
お互いのためには絶対作成しておいた方が良い。
ただお互い納得しないと話しが進まないので折り合いを付けるのは大変かもね
ここからは自分には無かった内容なので・・・憶測で


3.親権について
良くどちらが親権を持つかで揉めると聞くけど離婚の理由だったり生活状態によって変わるので、
揉める要因だよね。ある程度大きいと子供本人の思いを大事してあげれるといいよねぇ


4.養育費について
これも子供のことだから、一般的には夫が払うことになるだろうけど・・・
良く聞くのは公正証書を作って無かったことで、
最初は払うけどだんだん遅れたり払わなくなったってこと聞くよねぇ
払って欲しいのであれば絶対に公正証書が必要だと思う


5.面会交流について
これも子供のことだね。面会の頻度や場所、時間など条件を付けれるようで・・・小さいと大変だよねぇ。ある程度大きければ本人の意思を尊重できるだろうけど


6.年金分割について
これは正直分からない・・・
詳しくは専門家へ(笑)


と間違っているところもあるかもだけど・・・

子供がいるかいないかで大変さが違うということだねぇ

で。。。ここからネットに書いてあることを少し。

協議離婚で相手に伝える方法というのがありました。

(1)口頭
まず、離婚しようと考えた場合には、その意思を相手に伝える必要があります。その際、まず考えられる方法が口頭で伝える方法です。
ただし、口頭で直接相手に伝える場合には、相手の気持ちを逆なでしたり、相手が逆上してくることも考えられますので、相手がそのような性格の持ち主である場合にはこの方法はお勧めできません。

(2)メールやLINE
次に、離婚意思を伝える方法として、メールやLINEを使う方法があります。
この方法は、直接相手に離婚意思を伝える必要がないので、相手が暴力を振るうような人であればその危険を回避することができます。
ただし、メールやLINEのやり取りの場合には、相手に軽く受け取られる可能性もありますので、文章の冒頭部分に、例えば「本来ならば直接話しをすべきなのでしょうが、まずは直接話し合いをする前に話したいことがあります。」などと書いておくと良いでしょう。そうすることで、相手がメールやLINEの文面を軽く読み飛ばすことを防ぐことにつながるでしょう。

(3)内容証明郵便
離婚意思の伝え方として、内容証明郵便を使うこともあります。
内容証明郵便とは、郵便局が送付書面の送付事実や送付内容を証明してくれるため、後日の紛争防止に役立つことが多いです。
内容証明郵便を使って、離婚意思を伝える場合には、例えば以下の点を送付する文面に書き込むようにしましょう。

話もしたくないと思う場合は、(2)か(3)がいいね。(2)なんかは今どきで良いかと思う。

「本来ならば直接話しをすべきなのでしょうが、まずは直接話し合いをする前に話したいことがあります。」

ここが相手には、精神的ダメージを与えるよね。本気さが伝わると思う

というように。

公証役場で公正証書を作成してもらうのであれば、事前に上記のような内容をお互い合意しておいて、簡単でも良いので紙に書いていくほうが良いと思います。

作成までの時間も早いしね。

自分が公証役場に行ったときも、待合室のソファーで端っこと端っこに座ってお互い反対方向を向いてるカップルとか印象的だったなぁ。

自分も同じような状態だったけどね。

肩書って重要?

先日、たまたま若手弁護士さんと挨拶する機会があって・・・

色々と話していて・・・

弁護士って「先生」って呼ばれる職業なのに全然偉そうにしていない。

すごいなぁ~って思った。

前に司法試験の問題集とか見たことあったけど・・・

全く分からないことばかり。当たり前だけどね。

色々考えると・・・経営者や会社の役員、一流企業の管理職。大学の教授などなど。

自分が飲みに行っているお店で合うんだけど・・・

たまたま自分の先輩が経営しているんだけど40代後半の自分はその店では若手扱い^^;

一応会員制で年齢層は高めで、それなりの肩書の方々ばかり。

ふと思ったこと。

苦労して、苦労して上り詰めた人が肩書きがついて偉くなった人と

人付き合いや上司や経営者にアピールして、気に入られて肩書きがついた人

とでは、人となりが全然違うんじゃないかと思う。

苦労したという自負があっての余裕からなのか、肩書きをアピールしない。

あとから「あの人実は・・・」って聞くことがある。ちょっとカッコいいよね。

逆にいきなり名刺出してきて・・・「◯◯部長」って何アピールなの?って感じ。

運良く上がったから不安で自信ないのかな?

結局こういう人って強引で圧かけることが多いと感じる(かっこ悪いわぁ)

崇めて欲しいのかな?「すごいですねぇ」って言うけどさぁ(笑)

内心・・・ダッサって思ってるけど

時を戻して・・・(^^)

若手弁護士さんの話し、年明けに独立開業するということで新たなチャレンジ・・・

開業にあたっての相談ということでお話しを伺いました。

偉そうにしていないというだけで何かあったら相談してみようと思う。

これって「偉そうにしない」というだけで仕事だったり商売になる・・・

ってことに気がつかないかなぁ~

チャンレジする人、頑張っている人・・・かっこいいと思います。

負けても立ち上がろうとする人、辛いけど逃げない人・・・かっこいいと思います。


自分もまだまだ頑張ろ。

嫉妬って・・・

という感情についてふと思ったので・・・

よく負けず嫌いなんだよねぇとか、あの人はほんと負けず嫌いだよねぇ~

とかって・・・嫉妬から出てくるものだよなぁ~って。だけじゃないかな?

例えば・・・勝負事で負けた場合に悔しい思いをすると・・・

ボクシングなんかで負けたと・・・勝ったのは勝負相手でスポットライトを浴びる。

負けた自分は嫉妬するという感情。

簡単に解釈した場合として。

もっと練習したら良かったとか、作戦が間違っていたとかあると思うけど・・・

んーーちょっと例えが難しいかも。

恋愛で考えた場合。

女性が彼氏の元彼女の写真を見たとする、

気にしない人もいるかもしれないが女性は自分なりに比べるよね・・・たぶん。

可愛かったり綺麗だったりすると嫉妬したり怒ったりすると思う。

表に出すか出さないはあると思うけど。

男としてはそんな感情を出されても困るよねぇ~ほんと。

でも。その嫉妬心から痩せてみたり綺麗になろうという意識が上がっているのを見ると・・・

そうならなくても可愛く見えたりすると思う。

男が彼女の元カレの写真を見たらどうだろう・・・

女性と同じ感情になる人もいるのかなぁ?

自分はならないかも・・・

でもでも。偶然にその元カレと遭遇して自分の彼女より可愛い彼女と一緒だったら嫉妬するかも(笑)

意味伝わるかな?

自分=彼女<>元カレ=今彼女←が可愛い場合ね。

自分だけか?この感情はやばいか(笑)男なら分かるはず・・・と信じる

女性からしたら「意味分かんないんだけど!」って絶対怒られるね。

時を戻して・・・

嫉妬心ってとっても大事だということ、美意識があがったり。

強くなるということだったり、仕事の活力になっていることもあると思う。

コンプレックスにも近いかとも思ったけど・・・違うようで・・・

ただ、嫉妬心を感情的に表に出すと格好悪いね。

自分的に良いなぁと思うのは・・・

自分「最近綺麗になったんじゃない?どうしたの?」

彼女「前に見せてもらった元彼女の写真が可愛かったから嫉妬して頑張ったの!」

って。これは可愛いと思う。

現実は・・・

「どうせ前の彼女の方が可愛いもんね!」って・・・何にも言ってないのに

逆ギレってやつです。


全然内容がまとまらなかった・・・
スポンサードリンク
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー